ADHD&アスペルガーと診断されながら心理カウンセラーの資格を持つアラフォー男のブログです。

ADHDのための心理療法とは?其之九 自分が「何をしたいか分からない」原因とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
常に倒れる男中村り
ADHD&アスペルガー症候群でありながら病院の事務兼心理カウンセラーとして活躍するアラフォー男です!(^^)! 昔から何をやっても失敗ばかりで自信を無くすばかりの毎日でしたが「心理学」と出会い自信を取り戻すことができました。 このブログでは自分の体験談をもとに「ADHDやアスペルガー症候群に対する対策」「実生活で使える心理学や考え方」を解説していきますのでよろしくお願いします。 ■現住所:横浜市 ■生息地:代官山、六本木、みなとみらい、桜木町、町田など ■趣味:美味しいものを食べる、首都高ドライブ、ディズニー、深夜のカフェ巡り、読書 ■好物:コーラー、ポテチ、スイーツ系全般(笑)
詳しいプロフィールはこちら

↓ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくれると喜びます!(^^)!

気ブログランキング

多くの人は「自分が何をしたいか?」が分からない

あなたは

「自分の夢や目標」

はありますか?

 

実のところ、多くの人は自分の夢や目標がわかりません。

 

「あなたは将来、どんな人になりたいですか?」

 

子供のときにこんな質問を受けた経験は、誰でもあるかと思います。

 

この質問にはっきり答えられる人は実のところ少数派なのです。

 

そしてそれには原因があります。

マズローの五段階欲求説

人間の欲求を理解する上で欠かせない一つのツールとしてマズローの五段階欲求説というものがあります。

 

まずは、下の図をご覧ください。

 

何のことかよく分からないと思うので一つ一つ説明しますね(笑)

第1段階:生理的欲求

これは生きていくために必要な、基本的・本能的な欲求を指します。

 

「お腹が減ったからご飯が食べたい」

「トイレに行きたい」

「眠たいから寝たい」

などが当てはまります。

 

当たり前ですがこれらが満たされなければ生きていけませんよね(笑)

 

でもこれは人間にとって当たり前の欲求であり、これらで満たされる人は皆無に近いです。

 

人間以外の動物ならこの階層で留まるんですが・・

「トイレに行けたから満たされた あー良かった」

なんて常に思う人はいませんよね(笑)

 

まぁめっちゃ漏れそうなときにたまたまトイレがあったときにそのように思う人は多いと思いますが、

日々の生活で毎日、

「あー今日もトイレに行けてよかった」

「今日もご飯が食べられた」

「眠れた」

なんて思っている人はいないはずです(笑)

第2段階:安全欲求

これは安心・安全な暮らしへの欲求を指します。

 

安全の欲求とは、

「安全な環境にいたい」

「経済的に安定していたい」

「良い健康状態を維持したい」

等の欲求のことです。

 

職場に当てはめると、

「適正な労働条件、健康を害さない労働環境、法令が順守できている環境」

を確保したいということになります。

第3段階:社会的欲求

友人や家庭、会社から受け入れられたい、自分の居場所を見つけたい欲求を指します。

 

これは、「会社」「学校」「家族」

といった共同体に愛情を求める欲求であり、

「愛情と所属の欲求」

あるいは

「帰属の欲求」とも表現されます。

 

分かりやすく言えば

「家族・集団をつくり、どこかに所属しているという満足感を得たいという欲求」

のことです。

 

職場に当てはめると、

「組織に仲間として受け入れてほしい」

等の欲求になります。

 

この欲求が満たされない状態が続くと孤独感や社会的不安を感じやすくなります。

 

「オレって世の中に必要とされていないかも・・」

と思い最悪うつ病になってしまいます。

第4段階:承認欲求(尊重欲求)

他者から尊敬されたい、認められたいと願う欲求を指します。

 

職場に当てはめると、

「仕事で達成感を得たい」

「仕事で認めてもらいたい」

等の欲求になります。

 

またSNSで自分の写真を投稿して「イイネ」やコメントを期待するのも一つの承認欲求ですね。

 

この第4段階の欲求が妨害されると、劣等感や無力感などの感情が生じます。

第5段階:自己実現欲求

自分の世界観・人生観に基づいて、

「あるべき自分」

になりたいと願う欲求を指します。

 

つまり

「自分の持つ能力や可能性を 最大限に発揮したいという欲求」

のことです。

 

職場に当てはめると、

「自分の力を発揮し、夢を実現して世の中の発展に貢献したい」

等の欲求です。

人の欲求は5つあるのではなく5段階に進んでいく

マズローの五段階欲求説では、

下の欲求が満たされないと、上の欲求は生まれないとされています。

 

僕自身この説の全てが正しいとは思っていませんが、

それでもおおよそは当たっているのではないかと考えています。

 

この5段階の中で、一番上の欲求は自己実現欲求です。

これはつまり、「自分はどうなりたいか」という欲求です。

 

この欲求が生まれるのは、下の欲求がある程度満たされてからで生まれるわけですから、

上の図を見ても、自分の夢へ向かう人は少数派であることがわかります。

 

例えば子どもが安心して友達と野外遊びができるのは、野外の環境が安全だからです。

 

この場合は、仲間と遊ぶのは社会的欲求で、野外環境は安全欲求です。

 

また、自分の夢がなんとなくわかっている人がそれを諦めてしまう原因も、

マズローの五段階欲求説で説明できます。

第4段階:承認欲求の例
・私を愛してほしい。
・私を認めてほしい。

 

第3段階:社会的欲求の例
・他の人と同じものが欲しい。
・自分の居場所が欲しい

 

第2段階:安全欲求の例
・生活が安定しないと不安。
・リスクは負いたくない

 

第1段階:生理的欲求の例
・異性からモテたい。
・おいしいものが食べたい。

このように、第5段階の自己実現欲求の前には、さまざまな欲求が積み重なっているんですね。

これらの欲求を無視して、いきなり自己実現欲求を目指しても多くの場合わからないんです。

 

もしくは、他の欲求が足をひっぱってしまい、自己実現欲求へは進めません。

そして、それがむしろ自然なのです。

第4段階の「承認欲求」は下の欲求にあらわれることもある

マズローの五段階欲求説について、その全てが正しいとは思わないということを伝えましたよね。

 

その理由として、

実は第4段階の承認欲求が化けて下の欲求としてあらわれることがあるのです。

 

例えば

「過食症」

といった問題がそれにあてはまります。

 

これらは、第1段階の生理的欲求が満たされていないために起こる問題ではありません。

 

実は、第4段階の承認欲求が満たされていないために起こる問題なのです。

 

過食症の多くは、愛情が満たされない代わりに、食べ物で満たします。

 

あなたも経験がありませんか?

浮気されたとき、

とにかく「やけ食い」したことが・・

 

これは

「食べたい」

という欲求ではなく

「あー浮気されたーーーーー!!なんで私だけを愛してくれないの?」

「私だけを愛してほしいのに・・・」

という欲求が本当の目的なのです。

 

実はこのメカニズムは脳科学でも証明されていて、

愛情を感じる脳の部位と、食欲を感じる脳の部位は、実はとても近い位置にあります。

 

そのため愛情不足を感じると、隣の食欲の部位が反応してしまうのです。

承認欲求が満たされないと自分らしい生き方を拒む壁となる

上記以外でも、承認欲求が別の症状や行動として化けて発生している問題は数多くあります。

そしてこの承認欲求が満たされないことが、

自己実現欲求(自分らしい生き方)を阻む大きな壁となっているのです。

 

多くの人は社会や親からの欲求に対し、過剰なまでにその期待に応えようとしてしまうのです。

 

これは、

「頑張ることで自分を認めてもらいたい」

という承認欲求が関係しているからなんですね。

 

でも親であれ他人であれ、自分が思ったほどに見返りを与えてはくれません。

その結果、

「自分は生きている価値のない人間なんだ」

と、ますます自分を責めてしまうのです。

 

つまり承認欲求が満たされないと、心が置き去りになってしまいます。

そしてこの状態では、自己実現欲求が生まれにくいのです。

 

そこで、次回は承認欲求を満たす方法をお伝えしたいと思います。

 

↓読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると喜びます!(^^)!

人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
常に倒れる男中村り
ADHD&アスペルガー症候群でありながら病院の事務兼心理カウンセラーとして活躍するアラフォー男です!(^^)! 昔から何をやっても失敗ばかりで自信を無くすばかりの毎日でしたが「心理学」と出会い自信を取り戻すことができました。 このブログでは自分の体験談をもとに「ADHDやアスペルガー症候群に対する対策」「実生活で使える心理学や考え方」を解説していきますのでよろしくお願いします。 ■現住所:横浜市 ■生息地:代官山、六本木、みなとみらい、桜木町、町田など ■趣味:美味しいものを食べる、首都高ドライブ、ディズニー、深夜のカフェ巡り、読書 ■好物:コーラー、ポテチ、スイーツ系全般(笑)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です