ADHD&アスペルガーと診断されながら心理カウンセラーの資格を持つアラフォー男のブログです。

ADHDのための心理療法とは?其之八 心理療法を受けるのは恥ずかしいこと?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
常に倒れる男中村り
ADHD&アスペルガー症候群でありながら病院の事務兼心理カウンセラーとして活躍するアラフォー男です!(^^)! 昔から何をやっても失敗ばかりで自信を無くすばかりの毎日でしたが「心理学」と出会い自信を取り戻すことができました。 このブログでは自分の体験談をもとに「ADHDやアスペルガー症候群に対する対策」「実生活で使える心理学や考え方」を解説していきますのでよろしくお願いします。 ■現住所:横浜市 ■生息地:代官山、六本木、みなとみらい、桜木町、町田など ■趣味:美味しいものを食べる、首都高ドライブ、ディズニー、深夜のカフェ巡り、読書 ■好物:コーラー、ポテチ、スイーツ系全般(笑)
詳しいプロフィールはこちら

↓ブログランキングに参加しています。ぽちっとクリックしてくれると喜びます!(^^)!

気ブログランキング

心理療法が日本で浸透しない原因

ADHDが幸せに生きるための方法の一つとして

「心理療法が有効」

ということは何度かお伝えしていると思います。

 

実際僕も心理療法で

「ADHDを克服するきっかけ」

になったのは間違いないですし、これまで紹介してきた方法を

「継続すること」

ができれば必ず効果があるといってもいいでしょう。

 

↓心理療法についてまだ未閲覧の方はこちらをご閲覧下さい

★ADHDのための心理療法一覧★

ADHDのための心理療法とは?其之一 傷ついた心を癒すための方法

ADHDのための心理療法とは?其之二 相手に対して怒りや嫌な気持ちをなくす方法

ADHDのための心理療法とは?其之三 辛い記憶を書き換える方法

ADHDのための心理療法とは?其之四 上手くいかないパターンから抜け出す方法

ADHDのための心理療法とは?其之五 あなたの夢を叶える方法

ADHDのための心理療法とは?其之六 あなたの人間関係を変える方法

ADHDのための心理療法とは?其之七 自分自身を客観視する方法

でも心理療法は、日本ではまだまだ知られていません。

 

その原因として・・

まずひとつに、心理療法そのものの種類が多数あり、

その理論がとても複雑だからです。

 

これでは、一般の人が入る余地がないのも無理がありません。

 

そしてもうひとつ、心理療法に対する誤解(思い込み)も関係しています。

 

この誤解としてありがちなものとしては、次のようなものがあります。

誤解1:心理療法は、心の弱い人が受けるものであり、受けることは恥ずかしい。

これは特に日本で見られる傾向です。

心理療法というと、心が弱い人が受けるものだと思っている方が多いのです。

また、そのような思い込みから、

「心の相談をするのは恥ずかしいこと」

という感覚を持つ人も多いのです。

 

実は僕も最初そう思っていました。

 

カウンセラーに相談に行く時も

「カウンセラーに相談している自分が情けない・・」

「人に相談しないと自分は何もできないのか・・」

「こんなとこ人に見られたらどうしよう・・恥ずかしいな・・」

 

だから実際カウンセリングも知り合いに絶対に遭遇しない場所を選んだりしていました(笑)

 

僕の中で

「カウンセリングは心が繊細な弱者が受けるもの」

という思い込みがあったんですね。

 

しかし、自分自身カウンセラーの資格を得て色々学んでいく上で

実際にはそのようなイメージとはかけ離れていることが分かりました。

 

アメリカでは経営者に専属の心理カウンセラーが就くことも珍しくありません。

 

また多くの人が自分自身を変えることを恐れているのに対し、

心理療法を受ける方の多くは、今の自分自身を変える準備が整っている方がほとんどです。

 

つまり

「ADHDやアスペルガーでまわりからバカにされているから何とか自分自身を変えて見返してやりたい」

という目標がハッキリしています。

 

そのような準備が整っている人達に対し、僕たち心理カウンセラーは、彼らの補助輪になるのではありません。

 

彼らが、ひとりで走り出せるよう、初めのスタートダッシュの手助けをするのです。

 

これが

「恥ずかしいこと」

でしょうか?

 

カウンセラーに相談し心理療法を受けることは

「あなたがこれまでの情けない自分をリセットし変化のきっかけ」

になるとても素晴らしいことなんです。

誤解2 : 心理療法は、心の悩みを解決するためだけに用いられる。

心理療法というと、とてもマイナスな状態からゼロまで引き上げるというイメージを持つ方が多いようです。

 

また、専門家でもそう思っている方がいます。

 

しかし、僕はこれについてはそうじゃないと考えています。

 

成功者と呼ばれる方々の多くは、心理療法で用いられる手法を意図的に活用している方が多いのです。

それは、心理療法がプラスの方向にも活用できることを意味しています。

 

また、心理療法の中には、うまくいく人の脳の使い方を体系化したものもあります。

 

このように

「うまくいく人との違いを実践すること」

でプラスの変化が起きるのです。

 

このようなことから心理療法は

自己投資の側面も持ち合わせているのです。

誤解3 : 心理療法は、その他の治療法の補佐的な役割である。

心理療法というと、他の治療方の補佐的な役割というイメージを持つ方もいます。

 

そういった目的で利用することもありますが、それだけが目的ではありません。

 

成功者の中には、心理療法のテクニックを学ぶために、100万円以上も投資している人が多くいます。

 

もし心理療法が補佐的なものだけだとしたら、

成功者が心理療法のテクニックを100万円以上もも投資して学ぶのでしょうか?

 

彼らは無駄なことにはお金を遣いません。

 

心理療法は、多くの人が考えている以上に、

実際の行動の変化、環境の変化が起るからこそ、成功者は自己投資するんです。

まとめ

以上のように、さまざまな思い込みによって、心理療法が正確に伝わりきれていない現状があります。

 

もう一度いいますが

「心理療法を受けること」

「カウンセラーに相談すること」

は決して恥ずかしいことではありません。

 

むしろ

「心理療法を受けてみようかな・・」

と思ったあなたはその時点で

「自分を何とかして変えたい」

という前向きな気持ちがあるのですから

「現状に満足している普通の人」

よりも一歩先に出ているんです。

 

そのようなことから、

本ブログでは、これからもADHDやアスペルガーに有効な心理療法を

今後もできるだけわかりやすくお伝えしていこうと思います。

 

↓読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると喜びます!(^^)!

人気ブログランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
常に倒れる男中村り
ADHD&アスペルガー症候群でありながら病院の事務兼心理カウンセラーとして活躍するアラフォー男です!(^^)! 昔から何をやっても失敗ばかりで自信を無くすばかりの毎日でしたが「心理学」と出会い自信を取り戻すことができました。 このブログでは自分の体験談をもとに「ADHDやアスペルガー症候群に対する対策」「実生活で使える心理学や考え方」を解説していきますのでよろしくお願いします。 ■現住所:横浜市 ■生息地:代官山、六本木、みなとみらい、桜木町、町田など ■趣味:美味しいものを食べる、首都高ドライブ、ディズニー、深夜のカフェ巡り、読書 ■好物:コーラー、ポテチ、スイーツ系全般(笑)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です